それまであまり人間関係というものに対して、困った経験がありませんでした。
小学校でも中学校でも高校でも、そしてキャンパスだって友達たちとも先輩たちとも素晴らしい関係を作ることができていました。
ところが社会人になると、そうはいかなくなってしまう部分があるようでした。
大学も卒業することができ、さらに就職も無事に決められて安心していたのです。
ところが就職した先の会社には、とても嫌な人たちが多くいる世界でした。
私としては仕事を一生懸命やって、結婚するまではしっかり働きたいって思っていました。
だけど就職した先には嫌な上司がいたりして、その取り巻きたちとの関係もうまく作ることができずに、毎日ストレスを溜め込んでしまっていました。
このままじゃ自分がおかしくなってしまうし、絶対こんなブラックなところにいたっていい事がないって思うようになって、思い切って退社することにしました。
仕事を辞めてからというのは、コンビニでアルバイトをして生計を立てるようになりました。
次の就職先ももちろん探す気持ちもありましたが、前の嫌な経験があるからすぐに行動には出られなかったのです。
できれば、早めに結婚して主婦になりたいという気持ちもありました。
高年収の男性と知り合うことができてセレブ婚したいなんて思っちゃってて、いつかは玉の輿に乗る夢ばかりを描いている状態になっていました。
こんな状況の私にパパ活を教えてくれたのは、学生時代の友人です。
彼女が結婚をするという連絡を送ってきて、それで友達たちと会うことになったのでした。
お祝いの女子会を開くと言う事で、私も出かけていく事になりました。
このときに旦那さんになる男性との馴れ染めを聞いてみたら、驚いちゃったんですよね。

社内恋愛だとか、そういうパターンではなかったのです。